年金制度には、大きく分けて、次の3種類があります。

 

(1)国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入します。

一般に「1階部分」の年金と呼ばれます。 

 

(2)厚生年金保険

厚生年金保険に入っている会社に勤めている、

70歳未満の会社員が加入します。

一般に「2階部分」の年金と呼ばれます。

 

(3)共済年金

国家公務員・地方公務員などの方が加入します。

こちらも一般には「2階部分」の年金に相当します。